2017年9月1日金曜日

Adobe Bridgeを使用したファイル変換

複数の(例えば)EPS形式( .eps)のファイルを,(例えば)JEPG形式( .jpg)に一括変換する場合は,Adobe Bridgeを使用すると便利です.

Adobe Bridgeは,文字通りAdobeのアプリケーション内でファイルの橋渡しをするソフトです.アクションを記憶させるバッチ処理という方法もありますが,今回のようなケースではデフォルトの機能を使うほうが簡単かつ早く処理を行うことができます.
手順は以下のとおりです.

1. Adobe Bridgeを起動.

2. EPS形式のファイルを選択して,
    "Tools"([ツール]) > "Photoshop" >"Image Processor"([イメージプロセッサー])
を選択.
画像変換の処理はPhotoshop上で実行されるため,このようなメニュー経路を辿ります.

3. Photoshopが起動し,以下の画面が表示されるので,"Save as JPEG"([JPEGとして保存])にチェックを入れる.
保存場所とサイズの変更も指定可能です.
4. 最後に"Run"([実行])で,EPS形式のファイルからJPEG形式のファイルへと一括変換されます.

0 件のコメント :

コメントを投稿