2017年8月31日木曜日

[gnuplot] gnuplotで副軸(第二軸)を使用する方法

gnuplotで副軸(第二軸)を使用する方法です.
スクリプトに以下のように記載します.

    set ytics nomirror   # 第一y軸の目盛は左側のみにする
    set y2tics                # 第二y軸を描画することを指定する
    set grid                   # 目盛線を描画することを指定
    set xlabel "xxx"     # x軸の見出しを指定(例では"xxx")
    set ylabel "yyy"     # 第一y軸の見出しを指定(例では"yyy")
    set y2label "zzz"    # 第二y軸の見出しを指定(例では"zzz")

2017年8月30日水曜日

[Mac] ベトナム語入力方式の追加

ベトナム語では,基本音のアルファベットに加えて声調をあわわすを付けます.
macOSでベトナム語を入力できるようにする手順を以下にメモします.

1. System Preference(システム環境設定)を立ち上げ,Keyboard(キーボード)を選択
2. keyboardのタブから"input source"のボタンを選択(クリック)
3. "+"マークをクリックすると,以下のようなウィンドウが開く.
    左側から"Vietnamese"を選択して,"Telex"を選択する.

Telex入力方式では,補助記号は以下の方法で入力します.


No 
char 
input 
description 
1
通常のアルファベットはそのまま 
2
ă 
aw 
a の上にカップ 
3
â 
aa 
a の上にハット 
4
đ 
dd 
d に横棒 
5
ê 
ee 
e の上にハット 
6
ư 
uw 
u の右肩にアポストロフィー 
7
ô 
oo 
o の上にハット 
8
ơ 
ow 
o の右肩にアポストロフィー 
9
á 
as 
上げの声調記号 文字の上にシングルクォート 
10
à 
af 
下げ声調記号 文字の上にバッククォート 
11
ã 
ax 
波の声調記号 文字の上にチルダ 
12
ả 
ar 
疑問の声調記号 文字の上にハテナっぽい記号 
13
ạ 
aj 
重い声調記号 文字の下にドット 

今回は,"Telex"方式を選択しましたが,他にも方式が存在します(例えば,VNI入力方式は,母音の変化を数字キーで入力する).

日本語,英語,ベトナム語の入力を切り替える方法は,
        command + space 長押し
でウィンドウが表示され,3つのIMEを切り替えることができます.
長押しではなく,普通に(短く)押すと直前のIMEとのトグルになります.